2003年09月19日

ホームベーカリーで楽健寺

メイン > たまには料理の話 楽健寺天然酵母

ホームベーカリーで楽健寺の天然酵母を使った食パンを焼いています。

基本にしているやり方はこちらの土江正司さんのものです。
ナショナルホームベーカリーでの天然酵母パンの焼き方

楽健寺の天然酵母の申し込みはこちらからできます。
natural yeast bread in Rakkennji temple
こちらにも情報があります。同じく土江正司さんの説明です。
tkjd23

私は基本のやり方をもとに、こんな分量でやっています。ホームベーカリーは1.5斤用で、1斤強で仕込んでいる感じになります。

基材の準備

ごはん 約200g(だいたい一膳分)
にんじん 約200g(一本)
長芋 約200g(よく売ってるサイズの半分)
リンゴ 約200g(一個)
砂糖 大さじ6杯
塩小さじ2.5杯

材料は使いやすい分量にして、かなり適当です。砂糖と塩はよく忘れます。それぞれフードプロセッサーでがーっとやってまぜまぜ。五等分して冷凍しておきます。だいたい150gぐらいになります。

パンを焼く準備

強力粉  300g
塩  小さじ1/3杯
砂糖  大さじ2杯
マーガリン 約5g(入れないことも多い)
水  140cc
パン種  150g

そのときのパン種の量に応じて水を増減して、トータルで300g弱になる程度にしています。かなり、適当ですが、それなりにうまくいきます。ときどき、びっくりするほどおいしいです。いつもできればいいんだけどなあ。


コメントはこちらへ >>Notebook :: Hibi no Note: 楽健寺天然酵母

Trackback on "ホームベーカリーで楽健寺"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ホームベーカリーで楽健寺"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "ホームベーカリーで楽健寺"

"ホームベーカリーで楽健寺"へのコメントはまだありません。